スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2種類のタイプの人間

こんばんは!



人間を根本的に分類すると、2つのタイプに分かれるそうです。

1.「自ら多くを求め、進んで困難を追う人」
2.「自分に対してなんら特別な欲求を持たない人(自己完成への努力をしない人)」


簡単に言うと、向上心が合って行動する人と現状維持を好む人ですかね。

1のタイプは一般的に珍しいでしょう。
企業で安定した暮らしがしたいと、考えている人はまずこのタイプにはあてはまらないでしょうね。

自ら難しいことに挑戦しようなんて人は、周りを見るとそうそういないですよ。
楽をしたいと考える人の方が明らかに多いですよね。


2のタイプの方が圧倒的に多いでしょう。
追記すると、自分は全ての人と同じであると感じ、他の人々と一緒であることに喜びを感じる人でも
あります。

要は、群れからはぐれたくないってことですね。
発言でも行動でも周りの人と違うことをすると、「あいつなんか変なこと言ってるよ」
みたいに思われたくないし、みんなと共感していたい感じですかね。


女子のグループ的な?(笑)


この2つのタイプの人間の対比は9:1くらいになるんじゃないですかね。
もちろん、9が1のタイプで1が2のタイプです。


あまりお金のことは言いたくありませんが、例えやすいので、年収の話をすると
日本で年収1000万以上の割合は4%以下と言われております。

96%の人は年収1000万以下な訳です。

9:1という点では非常に近い数字で似ていると思います。


どちらのタイプの人間になり、自分がどのようになりたいのかによって変わりますよね。


これは周りの方の行動や発言を見ていれば、どちらのタイプなのか分かるのではないでしょうか?


お互い向上心を持って頑張って行きましょう!!




最後まで御覧頂きましてありがとうございます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Matoba

Author:Matoba
初めまして。

ちょっと変わり者の平成生まれ。
田舎で特に不満もなくすくと成長。

高校では野球をし、気が狂いそうな生活を送る。
大学を卒業すれば就職できるだろうと思い大学へ。

何事もなく4年で無事に卒業。
とりあえず就職すればなんとかなるだろうと
軽い気持ちで就職。

素敵なくらいブラック会社で残業100時間をこなす日々。
生きている意味を感じなくなり、退職。


残業ほぼなし、土日休みの素敵な会社に転職。

サラリーマンとして働くことに違和感を覚える。
上司の姿を見た時にこうはなりたくないと思い、独立を決意。

現在サラリーマンをしながら副業で輸入ビジネスに挑戦中。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お問合せ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。